FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やりたい仕事

私が小学生の頃になりたい職業は電車の運転士でした。

でもいざ就活してみたら、そんな夢に向かって電車の運転士になろうとしている自分はいませんでした。





”やりたい仕事をやるのはプロの世界の話で、大概の人は仕事の内容を選んで今の仕事に就いているのではない。”

"就職するということは自分が社会に合わせていくことだ"

"会社を選ぶときは自分がその会社で働けるかを考えろ"


こんな話を某物流会社の会社説明会で聞いたことがあります。




自分のやりたいことをやってこれるのが学生です。
しかし就活時期を迎えた学生は、急に社会に合わせろという難題をふっかけられるのです。

そこで学生は自分自身がどんな仕事に就いていいのかわからなくなります。



就活準備期間に学生へ与えられるアドバイスとして、

まず自己分析をして、自分は何が得意で、どんな仕事につきたいのかしっかり考えておけ。

と言われます。


私自身がそうでしたが、自己分析をノート一冊やったところで本当にやりたい仕事のある就職先なんて見つけられませんでした。

自己分析しても右往左往する学生はたくさんでてくるでしょう。



現実的に考えると
某物流会社の社員の方が言ったように就活を進めていく方が無難です。

総合職で働くことはやりたいことをやるのではなく”何でも一生懸命やること”を期待されているのそうなのです。

これを基本として、その次に業界選びや本人のキャラクターなどがくっついてきます。


就活における"やりたい仕事"という言葉は勘違いを招きます。
よって言い換えさせていただくと"自分ができそうな仕事"ということになります。

"自分が出来そうな仕事"を探すのが自己分析の意義でしょう。





でも
本当にやりたい仕事がある人はその夢にむかって大いに努力してもらって良いと思います!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

kaamitto

Author:kaamitto
社会に対する考えをまとめ&公開しているブログです たくさんの方と意見を交換したいと思います。コメントお待ちしております

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブログランキングsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。